忍者ブログ
東川のブログ
この時期になると、ふと、この歌詞を読みたくなる。

空は、包容力と残酷さを同時に兼ね備えている。

酷い孤独を与えるクセして、泣きたくなるほどに包み込んで来る。

可愛らしい雲や、宝石みたいな星を連れて。

例えば、
「あの人もきっとこの空を見上げてる」と言う幸せとともに、
「あの人が傍に居ない」と言う現実を教えてくる。

例えば、
「辛いことがあったけど、自分の悩みなんて小っぽけ!」ってポジティブにさせてくれるけれど、
「自分自身も小っぽけで誰も自分のことなんて知らない」って事実も教えてくる。

ひとつ言えるのは、空も自分もそこにあると言うこと。

空というのは、センシティブになるスイッチでもあって、自分で自分自身の心の中の家の鍵をスムーズに開けることが出来るので、空を暫く見上げてから扉に手をかけると、比較的手間取りにくい。

そんな心の中の家を囲む心の中の空もあって、雨だったり晴れだったり曇りだったり。

どの空もそれぞれ美しく、それぞれ優雅で、それぞれ残酷。

あなたに観える景色を、あえてメモってみてね。

ほなまたね!

ひとつの願い
PR
→ Comment
name title
url mail
comment                                  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
color pass
42  41  40  39  37  36  35  34  33  32  31 
プロフィール
HN:
東川遥
性別:
女性
カテゴリー
最新記事
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]