忍者ブログ
東川のブログ
愛。


個人的なこの文字のイメージは、「可愛らしい」イメージです。

自分の中の「愛」と言うもののイメージが「可愛らしい」わけじゃないのですが。




私が人を愛するとき、そこに性別の垣根などないと言いたいところですが、
それだと酷く矛盾してしまう気がして。


自分が相手の中で「女性」でないのであれば、「異性」の方とも恋愛出来るのですが、
自分が相手の中で「女性」なのであれば、例え「同姓」の方でも難しいのです。


絶対数的に、「女性」から「異性」として見られるよりも、
「男性」から「異性」として見られることのほうが多いわけで。


結果、私は「男性」との恋愛がとても難しいわけで。

自ら恋愛 を望むこともなければ、応えることも難しくて。


じゃあ、好んで「女性」を好きになるのか?と言われれば、それも違って。


「この人は、とても魅力的な方だ。」と思った際、
相手が自分を「異性」として判断していないケースは、「女性同士」のほうが多くて。
だから、「恋愛」まで踏み切ることが出来るわけです。


「同性愛」を正義として他人に押し付けるつもりなんて微塵もありません。

しかし、どこにも「正解」などないと思うのです。
と言うか、どこにでも「正解」があるんだと思います。
その場その場で、「正解」なんて違うんだと思っています。


私は、自らの人の愛し方を否定することもなければ肯定することもありません。


しかし、悩ん でいる人も多いかと思われます。




愛すると言うことは、「周りが決めること」じゃなくて「自分で決めること」だと思います。



自分の「愛」に従って、愛してください。

それが一方的にでも、両思いでも。


私の場合は、「性別」がネックだったりしましたが、愛を否定するのをやめました。


今は、自分の愛を大きく育てる努力をしたいと思っています。


いや、夏が終わったことで少しオセンチな私がいます。
秋の香りを吸い込んで、次の夏を想いながら、四季を抱きしめて過ごしたいと想います。
秋冬太りやすいので気をつけます。

またね!
PR
→ Comment
name title
url mail
comment                                  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
color pass
無題
う◯こちん◯ん!

あなたに多くの幸せがあります様に。
NONAME 2014/10/18 01:20 編集
15  14  13  12  9  8  7  6  5  4  2 
プロフィール
HN:
東川遥
性別:
女性
カテゴリー
最新記事
P R
Admin / Write
忍者ブログ [PR]